万能なのは油性ボールペン。太い方が書きやすい。

この記事の所要時間: 550

旧タイトル『書きやすいボールペンは油性ボールペンです(断言)ただし太さによる。』
書き足していく内に内容が変わってきたので、タイトルを変えました。
公的書類で使うのが油性ボールペン。そういうの関係なしに書きやすさのみを追求するのであれば、ゲルインキの太めがオススメです。

ゲルインキや水性ボールペンの0.7mmや1.0mmといった太いペンでも良ければ、ぺんてるエナージェルの0.7mmが世界一書きやすいと思います。個人的にはキャップ式のエナージェルユーロよりもノック式エナージェルがおすすめ。色も濃いので筆圧弱い人にとってもベスト。

・関連エントリー
→ぺんてるのエナージェルは、左利きでも手が汚れない速乾性ゲルインクボールペン。

ここでは一般的なサイズ0.5mmについて。

「100円のボールペンとは何が違うの?」と、よく聞かれますが、日本は極めて高品質の文房具が圧倒的に安い国で、もっとも違いがわかりやすいのは紙ですが、ボールペンに関しても、100円くらいで買える品に関しても、国産品は極めて高品質です。

ボールペンじゃなくて良いならば、鉛筆が一番手に負担がなく、それと同じくらい負担がないのが芯が太いシャープペンシルです。一般的なシャーペンは0.5mm芯ですが、世の中には0.9mm、2mmといった太芯シャーペンも沢山あります。

基本的に、プラチナという会社の筆記具は万年筆も含めて安くて高品質なのですが、シャーペンに関しても記者向けに開発されたプレスマンが200円程度と安くておすすめです。

念のため言うと安いラインナップだけではなく、デザイン性に優れた製品も多数あります。

濃い色が良いならばプラチナ製の油性ボールペンか、ゲルインキ、水性ボールペンなどがおすすめ。

photo
スタイルフィット

公的な文章で使えるのは油性ボールペンですが、色が濃いのは水性やゲルインキボールペンなので、もし油性ボールペンでは色が薄いと感じるならば、公的な書類で使わないならばゲルインキボールペンを試してみましょう。

ゲルインキボールペンは、スタイルフィットというペン軸や色が自由にカスタマイズ出来るボールペンを愛用しています。細字を書きたい時に主に使うので0.38mm芯。

photo
セブンイレブン限定のプラチナ製油性ボールペン。左が525円。右が280円の黒。

私が油性ボールペンでおすすめなのは、このBlogで一番、検索数が多いプラチナ製のセブンイレブン限定の油性ボールペンです。

私がプラチナ製の油性ボールペンを人に勧める理由はまず安さ。あとは、後述するけど、世界一書きやすいと思ってるパイロット製の油性ボールペンに負けず劣らず書きやすく、尚且つインクが濃いからです。

280円でインクは黒のみですがデザインは全四色あります。替芯は80円。私は値段などが書かれた透明のシールを剥がして使っています。

特徴としては、まずゲルインキばりに色が濃いという事。インクがどばどば出る感じで非常に書き心地が滑らかです。滑る紙との相性が抜群。具体的にはロディアやアピカのプレミアムC.D.ノートなど。そこまで滑る訳ではないけどツバメノートなどのフールス紙も相性が凄く良いです。

このセブンイレブン限定の油性ボールペンは、安いラインナップだけでなく525円の上位モデルもあって、色はポイントカラーですが黒一色。ステンレス素材は同じですが、質感があります。

あまりにも気に入りすぎてて忘れてたけど、もうちょっと高めのペン軸を買ってみようかな。

そもそも筆記具を一本だけ持ちたいという場合ならば、油性ボールペン一本で十分だと思ってますが、その持ち歩く一本の油性ボールペンとして、プラチナ製の油性ボールペンは万人に勧められます。

世界一書きやすいと思ってる油性ボールペンはPILOT製

photo
PILOT製油性ボールペンTIMELINE

値段や買いやすさなどが問題ないならば、PILOT製の油性ボールペンがおすすめです。0.5mmの油性ボールペンに関しては、私は世界一書きやすいと思っています。

値段は様々ですが、一本くらいは1000円〜2000円程度でも良いのでちゃんとしたボールペンを持っていても損はないと思います。デザインで選んでも良いし、重いペンの方が書きやすいという人は、持った質感で選ぶと良いと思います。替芯は100円前後くらいと考えて間違いないです。

携帯性を考えると、スリムサイズでノック式のものが手軽ですが、TIMELINEの様にペン軸が太めで回転式もあるので、自分にあったものを選ぶと良いと思います。すぐ使うというシーンが多いならば、ノック式が絶対におすすめです。

海外で使うならば、海外製の油性ボールペン。

photo
PARKERの油性ボールペン。左がIM クロームGTで右がジョッター・プレミアムです。

私の場合はセブンイレブン限定のプラチナ製油性ボールペンは必ず持ち歩いていますが、海外で使うならば、割とどこでも替芯が売ってるPARKERが個人的には一番おすすめです。ペン軸が重い方が良い人やメタリックな感じが好きな人にもおすすめかも。

基本的に、筆記具というのはボールペンに限らず、芯が太い方が書きやすいので、PARKERは0.5mmもありますが、0.7mmや1.0mmが大半で、書き味なめらかです。替芯もペンも国産品に比べたら、安いラインナップでも1000円程度はするので、多少高めです。

文房具は100円で買うもの、100円で買えるものというイメージ

世間的には文房具は100円ショップで買うものという意識が定着してる感がありますが、10本セット100円みたいなボールペンよりは圧倒的に書き心地がよく、かつ値段も100円違わない程度の差だったりする品も多いので、100円ショップだけではなく、文房具屋にも目線を広げてみる事をおすすめします。

もちろん100円ショップを否定してる訳ではなく、今は普通に国産品が100円ショップで売られてたりするし、ダイソーのオリジナル文房具は、非常に便利なものも多いので、私自身も真ん中が開いてる上下とじリングノートや、モレスキン風の通称ダイスキンなど、好きな商品もあります。もはや新しいブランド。

近所に文房具屋がなければ、一番手っ取り早いのはコンビニの文房具売場。ファミリーマートの無印良品製文房具、セブンイレブンの文房具専門コーナー。

あとは、無印良品はオリジナルの文房具を多数販売してるし、ホームセンターでもかなり大きめな文房具コーナーがあったりするところも多いです。

 


・関連過去エントリー
→セブンイレブン限定品の280円で買える油性ボールペンが素晴らしすぎる。ゲルインキ派にもオススメしたい。
→海外出張時は油性ボールペン一本で十分。
→油性ボールペンも芯が太い方が書きやすい。

This entry was posted in レビュー, 文具, 筆記具全般. Bookmark the permalink.

6 Responses to 万能なのは油性ボールペン。太い方が書きやすい。

  1. ただお says:

    セブンイレブンのボールペンが欲しくて仕方ないんですけど、
    ・・・ちかくにセブンイレブンがありまへん…( ̄。 ̄;)

    • masaki says:

      セブンイレブンの油性ボールペンはプラチナ社製品なので、プラチナ万年筆製油性ボールペンをAmazonとかで探してみるとよいかもしれません。絶対とは言い切れませんが、たぶん同じ書き味だと思いますよ!

  2. ただお says:

    我慢出来ずに買っちゃいました!!
    替え芯も・・・あるだけ買い占めてしまいました。

    • masaki says:

      おお! それは良かったです!
      これ替芯、絶対にプラチナ万年筆の油性ボールペンの何かと共通だと思うんですけど、わからないんですよね。
      大手文房具屋数件で聞いても、型番を調べられて「現在は取り扱いがないみたいです」とかしか言わないし。
      ちなみに商品シールみたいな透明の奴は剥がして使ってます。

  3. ただお says:

    どうやらプラチナ製のSBSP-80Aが使えるようです。
    実際に買って試してみました!

    • m3k says:

      おお! 有用な情報をありがとうございます!
      これでセブンイレブンで取り扱いがなくなっても安心ですね。
      しかし、絶対に同じ形の替芯があるってわかってるのに公表せず、わざわざ独自型番を用意して替芯までセブンイレブン限定にしちゃうのは不便ですよね。仕方ないのかな……

      店頭になかったら自分もSBSP-80Aを買います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。