中華タブレット等の海外製Android端末を簡単に日本語化させる方法

この記事の所要時間: 533

th_IMG_0328
過去記事から日本語化手順部分だけをまとめ直しました。

そもそもAndroidは標準で日本語化出来るので(少なくとも近年のバージョンは)、安い海外製のタブレット、例えばGearBest.comとかでセールを狙って$100以下のタブレットを購入とか格段にしやすくなりました。

◆各項目にジャンプ
1,日本語化の手順

2,日本語入力の設定
3,無料のセキュリティソフトの導入方法

を説明していきます。全て無料です。
GooglePlayストアが使えないタブレットは最近あまり見かけなくなりましたが、もし使えない場合は、下記記事を参考にして下さい。
・関連過去エントリー
無改造でKindle FireにAndroidアプリをインストールする方法(root化不要)

ちなみにFire現行機(16.11.26現在)はインストール作業のみでAndroid化出来ます。
Amazonの4980円タブレットFireはGoogle Playが普通に使える。




1,日本語化の手順

電源ボタン長押しで起動させたら画面下の鍵ボタンをタッチしたまま上にスライドさせます。この動作を「スワイプ」といいます。

th_IMG_0323
th_IMG_0324
th_IMG_0325

そうするとホーム画面が表示されます。横持ちするとホーム画面も横表示になります。

左右にスワイプで前後ページが表示されます。

まずは縦持ちだと右下横持ちなら左上にある歯車マークのSettingをタッチ
th_IMG_0326

下にスクロールさせると「Language & input」が出てくるのでタッチ。
th_IMG_0327

一番上のLanguageを選択。デフォルトでは英語になっていますが、もし違う国の言葉だったとしても一番上の項目を選択。
th_IMG_0328

どの国の言葉にするか選択。日本語は「日本語」と出てるので選択
th_IMG_0329

これで表記は日本語になったと思います。あとはもう感覚で操作しても大丈夫だと思いますが、日本語入力の方法も念のため説明します。

th_IMG_0331

その前にWi-Fiの設定をしておきます。
設定からWLANを選択して自分のWi-Fiに接続。

2,日本語入力の設定

私はATOK for Androidを使ってますが、ここでは無料のGoogle日本語入力を導入してみます。
th_IMG_0330

ホーム画面に戻ってPlayストアを選択。正しくネットに繋がってればアクセス出来る筈です。右上のワイヤレスアイコンが正しく表示されていれば大丈夫だと思います。
th_IMG_0332

自分のGoogleアカウントを入力。gmailを持ってるならばgmailアドレスです。
他のAndroid端末を持ってる人はここで同じアカウントにする事で購入済アプリを無料で再ダウンロード出来たり、ダウンロード履歴から同じアプリをダウンロード出来たりします。

アカウントを持っていない人は新しいアカウントを作って下さい。
今の時代、gmailくらい持ってないと不便なので、これを機に自分用のgmailを作ってしまいましょう。
th_IMG_0333
なお入力中にこういう様な表示が出ても「後で行う」を選びましょう。
th_IMG_0334

この時点では日本語が入力出来ませんが、オススメでGoogle日本語入力が表示されてる事が多いです。無い場合は上の検索ウィンドウに「Google」と入力すれば、Google関連アプリが出てくるので、そこからGoogle日本語入力を選びます。

もしくはこちら
Google日本語入力
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.inputmethod.japanese&hl=ja

PCからアクセスして自分の端末にインストールさせる事も出来ます。
th_IMG_0335
th_IMG_0336

インストールを選択。無料です。
th_IMG_0337
同意するを選びます。

th_IMG_0340
あとは画面に従って操作するだけなので簡単です。
th_IMG_0341
右側のゲージをタッチしてGoogle日本語入力をON
中国語など要らない入力をOFFにする事もで出来ます。

th_IMG_0356

英語キーボードはOFFに出来ません。

th_IMG_0342
この表示はGoogle日本語入力をONにすると必ず表示されますが、入力したデータが予測変換として蓄積されるいまどきの日本語入力すべて同じです。

それでも不安な方は、他の会社よりマシという意味でGoogleという世界企業を信用しましょう。これはGoogleが賠償金目当ての人に訴えられない為の表記です。
th_IMG_0343
th_IMG_0345

ちなみにこれら項目はいつでも「設定」から「言語と入力」を選ぶ事で設定出来ます。途中で操作を間違えて判らなくなってしまってもホーム画面から「設定」を選んでたどるだけなので簡単。
th_IMG_0346
th_IMG_0347

タブレットで携帯入力方式だと面倒記載のでキーボード配列を変更した方が便利です。Google日本語入力設定のキーボードレイアウトから行えます。
th_IMG_0361
ホーム画面でGoogle日本語入力を選択。

th_IMG_0357
th_IMG_0358
th_IMG_0359

QWERTYを選ぶといわゆるパソコンと同じキーボード配列になります。

3,無料のセキュリティソフトの導入方法

AndroidはiPhoneより圧倒的に自由な分、危険も多いので何かしらインストールしておいた方が安心です。

th_IMG_0369
アンチウイルスと検索すると色々と出てきます。

th_IMG_0368

私はいつもこの無料ソフトを使ってます。

・Anti-virus Dr.Web Light
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.drweb&hl=ja

th_IMG_0370

th_IMG_0372
ホーム画面から選択

th_IMG_0374
同意する。

th_IMG_0376

同意すると自然にバックグラウンドで動作します。

th_IMG_0377
画面上部から下にスワイプさせるとメニュー画面が出てきますが、ここで動作してるかどうかを確認出来ます。

この段階ではまだデータが何も入っていないのでスキャンする必要はありませんが、不安ならばスキャンさせても良いと思います。

更に言うと無料のソフトが不安ならば有料のセキュリティソフトを導入しても良いと思います。一つ買えば全てのAndroid端末で使える様になるし。





プライム30日無料

This entry was posted in Android, IT, ガジェット, レビュー, 中華. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。