m3k.biz

常日頃使うものだからこそ、メモ帳はストックさせておく。

この記事の所要時間: 255

photo

 メモ帳はコンビニでも買えるし、セブンイレブンならば専用の文房具コーナーがあるし、ファミリーマートならば無印良品の取り扱いがあり、サークルKサンクスではマルマンのスケッチブック風のメモ帳があったり、品揃えが豊富です。

 なので、それらを使ってる人ならば、無くなったら買いに行くという考えで良いと思います。私は今、マルマンのスケッチブック風メモ帳を愛用してます。

 いつでも買えるならば良いですが、日ごろ愛用してるものが無くなると、意外と不便だったりするので、もし近隣で買えなかったりすぐ手に入らない様ならば、数冊買っておくのがベストです。

使い馴染んだものを使い続けるのは楽

 私が愛用してたマルマンのセプトクルール縦開きA7方眼はサイズ、強度、紙質、リングの大きさ、全てに於いてベストでした。取り扱いが少ない為、まとめ買いしようかいつも迷ってましたが、色々なメモ帳を使ってみたいという欲求も強かった為、色々なメモ帳を次々と試している段階です。いつでも戻る気満々。

 こういった探究心は利便性を大きく損なう事も多いので、基本的には気に入ったメモ帳が取り扱い少ないならば、まとめて買っておいた方が得策です。

 Amazonだと20冊セットで安価だったりしますが、単価の安い文房具は、一見安く見えても送料が高いところが多いので要注意!

photo 

 ちなみに今はこのマルマンのスケッチブック柄notebook風メモ帳とセブンイレブン限定のコクヨOEMのメモ帳を試しています。どちらも50シートで200円以下。スケッチブック柄の方は特に記載がなかったので枚数数えました。

・N659 MPS 680(おそらく型番はMPS 680)
 サイズはどちらもA7で方眼なのも同じですが、マルマンのこのスケッチブック風メモ帳はマイクロカット(いわゆるミシン目)がついてます。表紙はコーティングがされてる為、多少の撥水性があります。

 あくまでスケッチブック風なので紙質はスケッチブックとは異なります。最初、同じ紙質かと思ったけど、比べてみると同社のニーモシネやセプトクルールよりほんのちょっと薄めの紙に感じました。書き心地は悪くありません。

 ニーモシネやセプトクルールは表紙がプラスティック製なので、より丈夫です。

photo

 

 写真左から、セブンイレブン限定コクヨメモ帳、スケッチブック柄NOTEBOOK風メモ帳、ニーモシネ


・RING NOTE SIZE SS

 一方、コクヨのセブンイレブン限定の方は、名前もデザインもシンプル。表紙と背表紙は厚紙。多色展開してますが中身は一緒でマイクロカットはありません。

 リング式なのでまるごとちぎってしまえば済む話なので、使えば使うほど薄くなっていくこのコクヨOEMのセブンイレブンメモ帳も便利です。シート数も手頃で薄く、200円しないという安価な所も利点。

 ニーモシネA7は315円。裏面は印刷無し。セプトクルールA7縦開きは179円で裏面印刷もあり。どちらも同じ紙質(たぶん)のマイクロカット付きで、70シート。

 ところで、縦開き式は「天とじ」というらしいです。今知った。

 リング式だとそこにゼブラのミニボールペンなどが挿せて良いのですが、ニーモシネやセプトクルールと違って、セブンイレブンのメモ帳やスケッチブック柄メモ帳はリングが小さいのでペンが中に挿せません。なので、外に挿してます。二枚目の写真の右側参照。

 


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。