Mac&Winで録音機能がないソフトやストリーミング等をMP3化する方法

この記事の所要時間: 317

th_title2017-09-13
Leawo Music Recorder
・ Mac
http://www.leawo.org/jp/music-recorder-mac/
・Windows
http://www.leawo.org/jp/music-recorder/

Text to speech系のソフトで喋らせた音声を音声データに変換出来るソフトを探していたら、このソフトを発見しました。

おそらくこのソフトはストリーミング配信の音声とかネットラジオとかを録音する為のソフトだと思いますが、鳴ってる音を内部処理で録音出来るソフトなので、例えば遊んでるゲームの音楽を録音したいとかそういった事も簡単に行なえます。

便利な点は数秒(指定可能)無音が続くと自動で新規トラックになってくれる事、停止を押して録音ボタンを押すだけで自動でどんどん新しいファイルが作られていきます。

MP3、MP4オーディオ、Wave形式に対応。




th_ユーザー登録2017-09-13

ユーザー登録はヘルプの項目にあります。

購入後、届いたライセンスキーはここで入力します。

th_登録2017-09-13

機能はシンプルですが、色々な設定が出来ます。

th_一般設定2017-09-13

一般設定では出力先(録画保存先)の設定や言語設定が出来ます。
日本語ページからダウンロードしていれば、デフォルトで日本語になってると思います。

th_音源選択 2017-09-13

マイク音声を録音するのか、スピーカー音声を録音するのかを決められます。
ソフトの音やストリーミング音を録音したい場合は「スピーカー音声」を選びます。
クイックタイムなどでも出来る為、マイク音声を録音する用途で使う人は殆ど居ないと思いますが、このソフトでも一応マイク音も録音出来ます。


th_詳細設定2017-09-13

どのくらい無音部分が続いたら自動で音声データを分割するか決めます。
また、短すぎる音声データは自動で保存されない様にも設定出来ます。

この機能を使う事で、音声再生しっぱなしで録音しっぱなしでも無音になれば自動でデータが分割されます。
また、手動で停止、録音をやるだけでも自動で新しいファイルになります。

th_出力形式2017-09-13

音声ファイル形式は
MP3、MP4オーディオ(m4a)、Wave形式から選べます。
レートなども設定出来ます。

th_各種機能2017-09-13

左下に各機能へのリンクアイコンがあります。
一番右はiTuneseへ録音データを送るアイコン

th_録音中20170913




録音方法

簡単です。録音ボタンを押せば録音開始。もう一度押せば停止。以上です。
デフォルト設定のままでも無音部分がしばらく続けば自動で新規ファイルになり、録音され続けます。
手動でも新しいファイルになります。

プレイリスト機能もある為、このソフトだけで聴く事も出来る為、プレイヤーソフトを持ってないとかiTunesが嫌いという人でも、このソフトだけで聴く事も可能です。

とても手軽で、操作も簡単なのでオススメです。

また、無料でダウンロード出来るので、購入前に実際試せる為、自分の環境で使えるか、自分の使い方に適してるかの確認も出来る為、親切です。

最後に念のため記載しますが、Spotify等のファイルデータを手元に置きたいから録音したいという人は、そもそもスマホやタブレットでSpotifyを使えば、設定でお気に入りの曲を手元にダウンロードしておけるため、わざわざ録音するより圧倒的に手軽です。そうする事で無駄な通信を軽減させて、快適なストリーミング視聴を楽しめます。

これはAmazonプライムミュージックなども同様。

This entry was posted in IT, macOS, PC, Windowsタブレット, ソフトウェア全般, レビュー, 音楽. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。