m3k.biz

iPhone&Mac標準搭載のFaceTimeは無料で音声通話が出来ます。

この記事の所要時間: 310

3-1

 LINE全盛の今、あえて導入する必要はないと思うかも知れませんが、iPhoneやOSXならば、iMessageでMMS的なメール、FaceTimeでビデオ通話と音声通話の両方が無料で出来ます。FaceTimeがビデオ通話、FaceTimeオーディオが音声通話です。

 iPhoneもMacもFaceTimeを起動してなくても着信通知されます。Macの場合は着信があるとFaceTimeが自動起動して右上にダイアログで着信通知表示されます。そのままクリックすればMacで通話可能。

 これはPC版LINEよりも優れてる点。当たり前だけどPC版のLINEはiPhoneやAndroid版と違って、起動してないと通知されないし。

 FaceTimeがOSXに無いとか、FaceTimeオーディオ通話が出来ない人はOSを最新にしましょう。

 iPadやiPod touchだとマイクがないのでハンズフリーマイクとかが必要だけど、iPhoneやMacならば標準搭載されてるFaceTimeを起動させてそこから発信するだけ。以前は「電話」からFaceTimeを選ぶ必要がありましたが、今は独立しています。 

 MacやiPhoneを使ってる人は、Wi-Fi環境のみでも使えるし、設定しておくと便利です。

 

2-1

 MacintoshでFaceTimeを起動すると、まず最初にインカメラの隣の緑ランプが点灯してビデオ通話モードになりますが、右側の連絡先から相手を選んで、発信の時にFaceTimeオーディオを選べば、音声通話発信になります。無料

 

4-1 

 通話中はこのウィンドウが出てきます。消音(ミュート)はこちらからの音声を遮断。ビデオは、ビデオ通話への切り替えです。終話は終了をクリックするだけ。

 最近、Macで作業中に電話連絡したい時は、面倒くさいのでそのままMacのFaceTimeを起動して音声通話(FaceTimeオーディオ)する事が増えてきました。ま、これはLINEでも同じ事が出来るんだけどね。

 

5-1

 iPhoneだとこんな感じ。ほとんど一緒ですが、FaceTimeの項目のビデオアイコンでビデオ通話、電話アイコンで音声通話です。わかりやすく言うとこのFaceTime項目が無料

 それ以外の電話番号とかを選ぶと、普通に電話発信になってしまうので注意(普通の電話なのでもちろん有料)。MacやiPadだとそもそも電話機能がないので誤動作の心配はありません。

 同様にiMessageもMMSみたいなメールがWi-Fi環境だけで送れて、MacやiPad、iPhoneと全ての環境で利用出来るけど、このメッセージ機能に関しては、複数環境で共用出来ないLINEよりも便利かも。海外にいてSIMを差し替えててもMMSとかと違って普通に送受信出来るし。

 LINEもPC(Windows RTタブレット含)&スマホなら共用出来るけどね。

 言ってしまえばLINEで同じ事が出来ると言ってしまえばそこまでだけど、LINEを使いたくない人におすすめ。

 余談ですが、いまどき携帯メールとか不便でしかないし、他キャリアに移りたくなった時のネックでしかないから、メアドはgmailをおすすめします。Androidならもれなく1つついてくるし、そもそもgmailは無料で何個でも作れるし。

 

・関連リンク
→gmailを2つ作って手動受信用と自動受信用で使い分けると便利です。
→LINEとgmailの組み合わせは最強。SBM版iPhoneならばi.softbank.jpを念のため作れば完ぺき。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。