HDMI端子から映像と音声を別出力させるHDMI音声分離機『400-SW015』

この記事の所要時間: 24

HDMIから映像はHDMI、音声は光ケーブルで別々に出力させる、HDMIオーディオ分離機というものがあります。複数のHMDI機器を持っててセレクターも必要とするならば、セレクター機能付きのHDMIオーディオ分離機が便利です。

サラウンドシステムの中にはコアキシャル端子付きのものもあり、どうせならコアキシャルとオプティカル両方ついてるものはないかと探して見つけたのが、400-SW015です。

元々HDMIセレクターも使っていた為、値段も8,000円程度(更新時点での販売価格)と手頃なので、この商品に決めました。

AppleTV、Blu-rayレコーダー、PS3といった複数のHDMI機器を一台のテレビに出力可能です。

音声はオプティカル、コアキシャルで別途出力、ミニピンプラグによる出力が別途可能の為、サラウンドシステムに繋げる事が可能です。

  • HDMI機器4台の映像・音声を切り替えて、1台のテレビやディスプレイ、プロジェクター等に出力できるHDMI切替器です。
  • 光・同軸デジタル出力を搭載しているので、HDMIのオーディオ信号をアンプなどのオーディオシステムに出力することが可能です。
  • 1080p(1920×1080)のフルハイビジョン映像やWUXGA解像度(1920×1200)に対応しています。
  • 3D映像対応・HDCP対応・ DTS Digital、Dolby Digital(DTS-HD、Dolby True HD)対応・36bit(12bit/各色)までのDeep Color(ディープカラー)入出力に対応。
  • 【ご注意】※切り替えボタンを押してから映像・音声が切り替わるまで少し時間がかかる場合があります。※接続したHDMI機器が休止状態になると、ボタンを押しても切り替わりません。休止から復帰させる必要があります。

amazon商品説明文より引用

HDMIセレクターが不要の人は、HDMIデジタルオーディオ分離機で十分です。価格は5,000円くらい。
AGPtek®HDMIデジタルオーディオ分離器[HDMI→HDMI + SPDIF + RCA L / Rオーディオ光デジタル音声/アナログ音声(RCA)]

HDMIセレクターの価格代程度にしか違わない為、もし既にHDMIセレクターを持ってる人でも、より便利な400-SW015がおすすめです。

 



This entry was posted in Apple、iPhone、iPad、Apple Watch, Fire TV, IT, ガジェット, レビュー, 周辺機器、アクセサリー類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。