モバイルバッテリーは5000mAhくらいの物が結局手軽

この記事の所要時間: 19

スクリーンショット 2015-10-23 12.22.31
値段を観ると10000mAhの物も大差なかったりするから、ついつい大容量のものを選んでしまいがちですが、やはり重いので再び5000mAh位の物を使う様になりました。

あとノーブランドバッテリーは本当に表記通りの容量があるか怪しいので、バッテリーはAnkerが取り扱ってるAnkerのバッテリーをAmazonで買う様にしてます。

Ankerと書いてあってもコピー品が多いので、Ankerで取り扱ってるものを選んでますが、この辺はAnkerじゃなくて自分が信頼出来る会社の製品なら何でもいいと思います。


◆重いと持ち運びに邪魔

充電時間もそうだけど、バッテリー容量の大きい物はやはり重量がネック。10000mAh越とかはやはり重いので、一時期は12000mAhの物を使ってましたが、今は当初使ってた5000mAhくらいの物に戻しました。

モバイルバッテリーは常に最低2個は所持して交互に使用してて、1年に一回くらい買い換えてるんだけど、買った段階で一昨年買ったバッテリーを廃棄してます。

これは予備バッテリーを一個持ってる電動自転車のバッテリーも同様。

バッテリーは使い切ってから充電する様にしてるので、バッテリーが半分くらいになったら2個持って行く様にして、空になってから充電してます。


This entry was posted in IT, ガジェット, 周辺機器、アクセサリー類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。