m3k.biz

要求するばかりで、自分は何もしないという人は嫌われる。

この記事の所要時間: 234

a1180_007843

 ギブアンドテイクという言葉は、善意を押し付けて一方的に見返りを求めてくる馬鹿の存在が浮き彫りになりますが、それでもやはり求める一辺倒の人は嫌われます。

 頼んでもいない事を勝手にやったくせに恩着せがましく見返りを求めるのも馬鹿だと思われて人が離れていくので、見返りを求めるならば最初からやらない事です。

 そして、この二つは矛盾していなくて、ギブアンドテイクという考えではなく、双方が相手の為に何かをしてあげられる関係というのがベストです。

 

|損得勘定ではなく、大事なのはあくまで気持ち。

 人に色々な事をやって貰っているのに自分は何もしない。協力もしない。こういう人はまず間違いなく、協力者が減っていきます。はたからみるとそう見えてるのに協力者が大勢居る人は、必ず何らかの見返りをもらえているからです。

 気持ち、言葉そういったものから、金銭、情報、仕事といった物理的なものまで、ギブアンドテイクとは物々交換である、考えても良いかも知れません。その言葉のイメージが悪いだけで、結局は同じ事です。

 

|求めるばかりの人。面倒くさい事を人に押し付けるだけの人。

 こういった人達に共通するのは、上辺の言葉で感謝を述べはするけど、だんだんやってもらって当然と考える様になり、要求が横柄になっていきます。

 頼まれたから何かをしてあげたというケースで、なんにも返して貰えないというのがわかりきってる人は、相手にしないのが得策です。

 自分の時間を使わずに、物事を簡単に解決しようとしてくる人間は、面倒くさいからと人に押し付けてるだけなので、ほっといても支障はありません。相手は、こちらがうんざりしている事にも気付いていない筈です。

 時間=お金、時間>お金

 こういった価値観が理解できない人の為に、貴重な自分の時間を浪費しない様に注意。

 

|世の中はギブアンドテイクでなりたっている。

 何度も繰り返しますが、言葉でギブアンドテイクというと、前述の善意の押し付けであるとかも含め、非常に打算的でいやらしく感じますが、でも現実はギブアンドテイクでなりたっているものです。

 ただし、打算的というよりは、双方の善意による双方のギブアンドテイク。

 自分は何かをしてもらうだけで、なんにもお返しが出来てないけど状況的になにも出来ないというのであれば、お礼の言葉や手紙などでも構わないと思います。おそらく、相手は見返りを望まずにしてくれている筈なので、そういうささやかな気づかいだけでも充分なのです。大事なのは感謝の気持ち。

 自分は人に沢山の事を求めるくせに、自分は何もしない。こういう人は、無意識のうちにやってる人も居ますが、意識していようがいまいが相手にとっては関係ないので、敬遠される様になっていきます。

 自分の行動には責任感を持ち、小さな利益(金銭)、小さな労力を惜しんで、自分の価値観を下落させない様に注意しましょう。

 一度貼られたレッテルは、そうそう簡単には覆せません。

 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。