内容がない文章は、興味がない文章よりも質が悪い。

この記事の所要時間: 25

 興味が無い文章だと単に読まなければ良いだけですが、そうではない時に内容がない文章だと、悪い印象を与えてしまいます。

 その為、「タイトルだけでいいじゃん」と思ってしまうような内容のない文章にならない様に、毎日気をつけています。

 ここ、m3k.bizで言うと、更新する内容はライフハック以外は、大半がガジェット&IT関連か文房具の話題です。

 こういうったものは、自分が使ってみて初めてわかる事が多いので、利用した事がないサービスや、持ってないもの、製品名くらいしか知らないような物に関しては、原則として話題にしないようにしていて、話題にする場合も主題にはしない様に気をつけています。

 

|スタートラインにすら立てなくなるケース。

 よくわかってもいないのに、ビジネス書ばりにタイトルで釣る様な真似をしてみたところで、それを目当てで読んだ人に、「なんだこの内容のない文章は」と思われてしまい兼ねません。

 それだけならまだしも、後にまた興味が湧いたとしても、「ああこの人の文章は内容がないからいいや」となり、そもそも読む前から拒否されてしまったら元も子もありません。

 私の場合は、時系列で追う必要がない内容を心がけているので、最近、同じような事を繰り返し書いてるなと思っても、最低でも過去エントリーへのリンクは付け足す様にしています。

 m3k.bizは検索エンジンなどからピンポイントで単語検索で来てくださってる方が大半なので、「先週も書いたので省略」みたいな書き方をすると、それが具体的にいつかわからず不便なので、そういう書き方をしたとしても、省略はしない様にしています。

 

|興味あるだけで、よくわからない事は書かない。

 これは、自分が毎日継続して書く為に決めた事ですが、興味があったとしても、よくわかってないものに関しては書かない事にしています。

 ちゃんと書こうとしても、あくまで知らない人の意見になってしまうし、そういった知らない人の意見なりにも色々と調べたりして理解しないと文章は書けないし、結果、文章を書くのに時間がかかってしまうからです。

 なので、興味があってもある程度詳しくなってくるまでは、主題にはしない様にしています。

 むしろ、小出しに話題にしてる内に欲しくなって買ってしまったKindle Fire HDの様な例もあります。

 

 「自由に書く」は不自由だし、「何でも書いてます」は何も内容がないも同然。

This entry was posted in ライフハック, 日記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。