トラックパッド&トラックボールの併用派です。

この記事の所要時間: 29

photo

 なんだかんだでもう長いことトラックボール派ですが、マウスとの違いはやはり手首への負担が少ない事です。マウス操作で手首が痛くなった経験がある方は、試してみる価値があると思います。大きな球を人差し指で転がすタイプのトラックボールを長い事使ってましたが、今は親指式を使っています。

 Bluetooth式トラックボールはそこそこ高額で、自分にとって使い勝手の良い品がなかった為、レシーバー式のUSBワイヤレストラックボールを使ってましたが、レシーバーが大きくて邪魔だった為、Unifyingというロジクール独自規格の小型レシーバー対応のLOGICOOLのM570に乗り換えました。発売日に購入して以降、現在までずっと使い続けています。親指式は違和感なくすぐ慣れました。M570は値段もそこそこ安価だしお勧め。

 Macintoshはトラックパッドの方が操作しやすいのですが、まとめて選択やドラッグといった作業はやはりトラックパッドには不向きの操作な為、状況に応じて使い分けています。もはやトラックボールは必要不可欠。

 Retina MacBook Pro15インチが発売した時に乗り換えてしまいましたが、iMacを使ってた時はトラックボールM570Magic Trackpadの併用でした。

 トラックボールは持ち歩いてた時期もありますが、今は持ち歩いてません。MacBook Airを持ち歩く機会が減ってるというのもあるけど、外での作業ではトラックパッドで充分。

 Windowsと違って、様々な処理がトラックパッドだけで出来るので、興味がある方はAppleのサイトでマルチタッチジェスチャーを参照してみて下さい。マックユーザーでも知らなかったジェスチャーがあるかも知れません。私自身、アップルストアで店員がやってたジェスチャーを見るまで知らなかった操作がありました。

・OS X Mountain Lionマルチタッチジェスチャー
http://www.apple.com/jp/osx/what-is/gestures.html

 現在は、開発環境がWindowsからMacに移った為使ってませんが、トラックボールはWindowsでも使ってました。私が使っていたマシンは自作機ですが、ノートPCだとしてもトラックパッドが便利といった事もないのでWindowsではトラックボールだけで充分。

 ちなみにM570のキー割り当てですが、進む、戻るキーはコマンド+Wとコマンド+Qを割り当てています。WindowsではどちらもW 


This entry was posted in IT, レビュー, 周辺機器、アクセサリー類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。