m3k.biz

舞台等の音出し用にも最適なiPad、iPhoneアプリ『S4-Pad』

この記事の所要時間: 219

photo

 ※写真はiPad版でiPad miniで使用してます。

 舞台とか、会場とかそういったところで音出しに使う用途にも適した、直感で使用出来る音効、音響さん向けのアプリですが、あくまでパッドサンプラーなので、まずはサンプラーとしての説明を簡単に。

 iPadの中に入ってる曲(ミュージックライブラリ)がインポート出来る事を最低条件として、複数の曲をボタンにアサイン出来るアプリという用途で買いましたが、S4-Padはパッド・サンプラーアプリです。AKAIのMPCみたいな。このアプリ、現時点のレートで200円と安価なのも良いです。

 エフェクターもReverb、Delay、Distortionとあって、フィルターもあるし、GATE、TRIGER、SHOTと各サンプルを押した時の再生方法も選べて、ループポイントも設定出来るので(ループさせない事ももちろん可能)DJっぽいプレイがしたいけどターンテーブルじゃなくてSampler Padが欲しいなーとか言う用途でも面白い存在だと思います。なにより200円と安いし、実機をわざわざ買うほどでもないという人にもおすすめだし、そもそも下手な実機より操作しやすいです。

 

photo

 私の場合は、音出しで色々な曲を瞬時に再生させるために、何か安くて手頃なアプリは無いかなと探してたところ見つけたので、そういった音効や音響的な事がしたい人にもおすすめ。

 波形をダブルタップで拡大させる事が出来るので、ループポイントやスタートポイント、エンドポイントの設定も視覚的に簡単に行えます。

 なので例えば最初はイントロから再生させるけど、ループ以降はイントロカットとかも簡単に設定出来ます。

 

photo

 エフェクターとかいらなければ非表示にして、PADをさらに大きくする事も可能。フェードアウトは手動でやる必要があるけど、iPad miniでも問題なくボリューム用スライダーを使えるから特に不満ないです。

 ちなみにあくまでパッドサンプラーなので、再生したいボタンをタッチして曲を再生させた後は、再度タッチして曲を停止する必要があります(TRIGER設定の場合)曲を止めないまま他の曲を鳴らすと、同時に2つの曲が再生されます。サンプラーという概念を知ってれば当たり前なんだけど、音効、音響アプリとしてしか興味がない人には注意。

 

photo

 全16BANKで、各BANK16音設定出来ます。

 BANKの切り替えはバンクキーをタッチしたまま、切り替えたいBANKをタッチするだけ。

・S4-Pad 200円
※iPhone、iPad両対応
https://itunes.apple.com/jp/app/s4-pad/id605632114?mt=8

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。