Boogie board jot(ブギーボードJOT BB-7N)と類似品各種を試してみた

この記事の所要時間: 552

th_IMG_4845

ブギーボードsyncを買うつもりだった為、jotは買うつもり無かったのですが、専用アプリでスキャン出来ると知って、絶対に面倒くさいだけと思ったのですが、試してみたくなった為、ブギーボードsyncを注文した後、すぐ入手すべく家電量販店で購入しました。6,000円くらいだったかな。

後述しますが、Amazonで激安類似品が2,000円くらいで売られているのも知っていたので、比較する為併せて注文しました。

・関連エントリー記事
電子メモパッドBoogieBoard Sync 9.7のスマホ転送や動画化を試す

結論から言えばスキャンは面倒くさいし、機能的にも各種カメラスキャンアプリと大差ないものだと思って間違いありません。なのでここでは実際に触ってみた感想を紹介します。

保存したい人は素直にsyncを買いましょう。もしくは大本命SONYの電子ペーパー(SONYストア価格79,800円+税ですが現時点では品切れ中)





念のため最初にスキャンアプリJOTの説明

取り込みたいという用途でJOTを買う人は殆どいないと思いますが、せっかく試したので解説。

th_IMG_5400

・iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/boogie-board-jot/id1009925066?mt=8

・Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kentdisplays.jot&hl=ja

th_IMG_5399

アプリを起動するといきなりスキャン画面になるのでBoogie Board JOTを写すだけです。認識するまで写し続けます。ちなみに上下逆ですが、eraseボタンがホームボタンに見えてついついこちらを下で使ってしまう。どちらが上下でも問題ないけど。

写真の様に手動で取り込み範囲を調整も出来ます。

th_IMG_5397

自動でやったらこんな感じで認識されました。ライトとかが写り込んで反射してるとうまく取り込めません。また、ブギーボードJOTは筆圧感度がとても良いので、手が触れただけで後がついてしまったりするくらいなので、そういったものも取り込まれます。

th_IMG_5398

起動した後自動でスキャン設定にしてある場合、スキャンキャンセルすると過去取り込んだ画像の一覧が表示され、起動時の動作などの設定も行えます。

マニュアルモードだと普通のスキャンアプリとしても使える為、ブギーボードJOTじゃなくても関係なく取り込めます。

が、スキャンアプリとしてなら他にももっと高性能なものが沢山あるので、コントラスト調整出来るようなものも含め、そういったものを使うと良いと思います。

ブギーボードJOTはそもそも保存する用途には向いてません。

それをわかった上でアプリの存在を知って試したくなった為試してしまいましたが、ブギーボードJOTはもっと別の利点が沢山あります。

th_IMG_5396
JOTとSYNCの比較




Boogie Board JOTの良い点

軽い。書き味良い。文字が見やすい。薄い。マグネットがついてる為、冷蔵庫とかに貼れる。

こういったところでしょうか。形も片手で持ちやすく、大きさも小さすぎない手頃なサイズです。

Boogie Board Syncとの比較でSyncがJOTに劣ってる所はこれら全部です。

なので保存しないJOT、保存するSyncと用途に応じて買う方を選びましょう。

・筆談
・個人情報の一時記録
・伝言
・子どものお絵かき

こういった用途かな

 

Boogie Board JOTの関連品、類似品

私が現在持ち歩いて使っているBoogie Board syncについては
電子メモパッドBoogieBoard Sync 9.7のスマホ転送や動画化を試す
を参照して下さい。ここではそれ以外。

書いた内容をロックしておく機能が欲しいなと思いましたが、そういった製品もあります。ブギーボード BB-1Nなど。JOTより若干重いですがそれでも212g。JOT180g。

・ロック機能付きブギーボード各色

 

・10インチですが格安の類似品でロック機能付のものもあります。

 

・JOTと同じ形、サイズの格安類似品

 

・12インチの激安品


th_ファイル_003

※専用ケース付、各色同価格ですが、たまに別のショップでケースなし不人気カラーがもう少し安く売られてる事もあります。でもこのサイズのケースはポーチ式のチャックの物以外あまりないので、セットで買ってしまった方が安いと思います。持ち歩くならば。

Boogie Board用保護フィルム等も売られていますが、書き味悪くなるだけだと思うので、要らないと思います。その代わり、持ち歩く上でケースはあった方が良いと思います。

th_ファイル_004
JOTとのサイズ比較

 

おまけ
・4.4インチ小型電子メモパッド

th_ファイル_000
JOTなどとのサイズ比較

th_ファイル_002

ポケットサイズなので、卓上メモとかに良いかも知れないです。
ポケットに忍ばせる様な用途は便利かもしれないけど、うっかりeraseボタンを押してしまったり、液晶面がぐちゃぐちゃになってたりとかありそう。




格安類似品とBoogie Boardの差

筆圧感度、強弱、字のみやすさ等。更にJOTはとても軽いのでその軽さも。

液晶の寿命が怖いという人でまず安い奴をためそうと思う人も居るかも知れませんが、ブギーボードJOTはそれらと比較してもかなり文字が見やすいため、私はブギーボードJOTが圧倒的におすすめです。

が!

ケース付きで2000円いかない様な安い激安類似製品があったりすると、手軽に試してみたら? と、気軽に進められる気もします。

私は基本的にSONYの電子ペーパーが普通の価格(SONYストア価格79,800円+税)で買える日まで色々な物をためそうと片っ端から買って試してますが、アイディア出し用に保存をするため、Boogie Board syncを使ってます。






プライム30日無料

This entry was posted in Android, Androidアプリ, Apple、iPhone、iPad、Apple Watch, iOSアプリ, IT, ガジェット, ソフトウェア全般, レビュー, 手帳、ノート、メモ, 文具, 筆記具全般. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。