Kindle書籍で統一後もkoboストア書籍を一ヶ月に一冊は購入しています。

この記事の所要時間: 514

2013-03-13 17.26.47

読書の技法 佐藤 優 (著)   より

過去エントリー
無改造でKindle FireにAndroidアプリをインストールする方法(root化不要)
電子書籍リーダーとしてNexus 7を買ってみました。Kindle Fire HD、iPad miniと比較。
インフルエンザ療養中に習慣化した事。

 Kindle Fire HDにも1MOBILE Marketストアアプリをインストールした事で、楽天の電子書籍リーダー、kobo touchのマーケットアプリも利用出来るようになりました。

 Androidにはあるのに、日本で使えるkoboアプリが、iPhoneとiPadアプリにはなく、Android端末は持ち歩いていないので、私の利用方法だと外で読めない欠点はありますが、外では読まないと割りきっています。

 じゃあなんでkoboで書籍を買うのかと言うと、楽天ポイントがあったらkoboで買っているからです。他にもKindleで売ってない本がkoboであれば買っています。

 後述しますが、2013年3月15日金曜の朝までにkoboアプリをダウンロードしてログインするだけで、合計1000ポイントが貰えます。元々持っている人はログインするだけでOK。登録メアドに案内が届きます。

 

|koboは実機よりもkoboアプリを使った方が便利。

 電子書籍リーダーのKobo touchは、値段なりに気に入って使ってましたが、ちょっとした衝撃で液晶が壊れてしまい、その場でカスタマーに電話したら、新品交換対応になるので7200円だか一律かかると言われたので、kobo touchは捨てる事にして、その足でSONY Reader端末を買って帰りました。

 E-ink端末関しては、kobo gloが出てしばらくたつ現時点でも、SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader ブラック PRS-T2/BC がピンチイン、ピンチアウト操作も出来て処理速度も速く、一番高性能です。

 ただし、SONY Readerは、充電するのに専用のACアダプタと通信機能を備えたマイクロUSBケーブルが必要になってくるので、そこだけ注意。パソコンでも充電できますが、スリープになると充電されなくなります。

 

|電子書籍の一元化には、あらゆる端末で使えるKindleが便利。

 ・koboアプリ
 Kindle Fire HD、Androidの両方でアプリがありストア利用も可能ですが、日本国内にはiPhone、iPad版アプリがありません。海外版のkoboアプリも国内マーケット利用は出来ませんでした。

 ・SONY Readerアプリ
 Androidでは利用可能ですが、iPhoneアプリはなく、Kindle Fire HDに関しては、1MOBILE Marketでダウンロードしても、日本国内のストア設定が出来ませんでした。

 ・Kindleアプリ
 Android、iPhone(書籍購入機能だけ無い)両方にあるため、Kindle Fire HDベースで書籍購入すると、他の全ての端末で続きが読める為便利です。

 余談ですがKindle Fire HDで購入したアプリに関しては、Amazon Android アプリストアをAndroid端末にインストールする事で、Android端末でも利用出来る様になります。

過去エントリー
無改造でKindle FireにAndroidアプリをインストールする方法(root化不要)

 

photo

<kobo Androidアプリ ダウンロード&ログイン&エントリーで電子ブックコンテンツ用クーポン1,000円分をもれなくプレゼント キャンペーン詳細>
http://kobo.rakuten.co.jp/application/android/
2013年2月27日(水)10:00~2013年3月15日(金)9:59
・上記期間中に、アプリをダウンロードし、かつダウンロードしたアプリ内でログインを行い、エントリーした場合、キャンペーンの対象となります。
・期間中に初回ログインした楽天会員が対象となります。

 期間中にkoboアプリをダウンロードしてログインするだけで、期間限定の500円割引クーポンが二冊分貰えます。そのポイントと元から持ってたポイントを使って、ランチェスター思考 を購入してみました。元々はKindle版で買うつもりでしたが、Kindle版で1,810円の書籍が376円で買えたので大満足。

 

|ポイントだけで毎月koboマーケット書籍を購入。

 過去に更新してたblogのアフィリエイトなどで、今でも毎月1000ポイント程度は楽天ポイントが入ってくる為、それを使って毎月最低一冊はkobo書籍を購入しています。

 SONY Readerストアも定期的に期間限定ポイントが300ポイントくらい貰えますが、こういったポイントはやはり購買欲を大きく刺激してきます。無駄には買わないけど、欲しいと思ってた電子書籍をKindleではなく、SONY Readerやkoboストアで買おうかなと思える程度には。

 一番最初に買った電子書籍リーダーがkobo touchだったからというのもありますが、なんだかんだ言って、koboで一番書籍を購入しています。

 なので、koboは日本で使えるiPhoneアプリもないし、Android端末は持ち歩いてないので、ちょっとkobo miniが欲しいなと思ったりもしてますが、処理速度が圧倒的に劣っているので、悩みどころ。小さくても荷物増えるし。

 やはり自炊書籍を読む為の端末としてkobo glo等を買う以外はAndroidアプリなどで充分かも。

 

|ポイント制度に踊らされない。

 ポイントはあくまでポイントで現金ではないので、ポイントが◯◯円ついたから、◯◯が買えた。だから得をしたなどと考えるのは間違い。

 最初から一緒に買うつもりだったのでなければ、もしかしたら買わなかったかも知れないものなので、抱き合わせ販売で買ったのと同じ事です。

 

 

 

This entry was posted in Android, Androidアプリ, IT, ガジェット, ソフトウェア全般, レビュー, 電子書籍リーダー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。