m3k.biz

衝撃のゲキ×シネ初体験。髑髏城の七人を観て来ました。

この記事の所要時間: 34

観たい映画の時間が合わなかったので、代わりになんとなく観ようと思った作品。

最初に言いたい事を言うと、髑髏城の七人はもうすぐ上映終了しちゃうので、ちょっとでも興味湧いたら絶対に観に行って下さい。絶対に観て損はない。DVDも出たら買います。すごい面白かった。かっこよかった。こんな言葉じゃきっと通じてない。

どうやら、この作品の話を過去の作品も含めて、今上映してる髑髏城の七人の話も聞いた事があったらしいけど、まったく覚えてませんでした。

何度も再演されている作品だという事を今は知ってますが、それでもあえて言うと、物語自体も良く出来ていて、音楽も演出もかっこよかったし、舞台では見えない様な表情や汗などを追ってたりもするので、ゲキ×シネは単なる撮影した舞台映像を映画館で上映してるだけの作品ではないというのは、観てすぐにわかりました。

髑髏城の七人公式サイト
http://dokuro-jo.com

◆観たきっかけは偶然
タイトル以外は本当に何にも知らないまま映画館に入ったので、観て初めて、舞台をそのまま映画化した作品だと知り、ゲキ×シネという概念も初めて知りました。凄い迫力。舞台と同じ感じで間に15分休憩が入るので、そういう辺りも良かった。人間の集中力は2時間が限界とかなんとか。でも、髑髏城の七人は全く時間を感じませんでした。

ああいう大規模な舞台は劇団四季くらいしか観たことなかったので、劇団☆新感線自体に興味が湧きました。大人気でチケット全く取れないという知識しかないけど、舞台観てみたいなー。ホント、偶然に感謝。観て本当に良かった。観られて本当に良かった。

 

◆関係あるようでないようなお話
雑賀党の頭目は歴代雑賀の孫一を名乗っていて、その中の一人に鈴木重意、通称鈴木左太夫というのが居るんだけど、物語の中盤辺りになんか色々とおーって思った。いや、別に作中で語られてないし実際本名も違うんだけど、連想させられたっていうか。

 

◆ゲキシネとは
エンターテインメント界のトップを走る《劇団☆新感線》の人気舞台を「まるで映画のように楽しめる作品」として、多くの観客に届けるべく映画館で上映するという新しい演劇映像のスタイル。

最新のデジタルシネマの技術を用い、俳優の汗や涙、感情の機微まで体感できるように計算された緻密な映像表現、臨場感を増幅させる繊細でクリアな音響は、想像以上のライブ感と興奮が味わえる。

2004年第1作目の公開(※)から、新感線ファンや演劇ファンのみならず、映画ファンからも支持され、“映画館で楽しむ新たなエンターテインメント”として最新作を待ちわびるファンが急増している。

※ゲキ×シネプロジェクトは2003年始動

ゲキ×シネオフィシャルサイトより引用。http://www.geki-cine.jp/about/

 

— リンゴデンワドットコム —

オンリーワンiPhoneケースカバー専門店リンゴデンワドットコムでは、1月31日までバンパーケース全品480円セール中です。ハンドメイドケースに関しては2月上旬にネイルアート・ジュリアスファットのNEWデザイン、新シリーズシェルストーンの販売開始予定の他、1980円均一コーナーを更に充実される予定となっております。
詳しくはリンゴデンワドットコム公式Facebookページにて情報発信しておりますので、是非、上記リンゴデンワドットコムFacebookページをイイネしてフォローお願いします。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。