m3k.biz

『時間>お金』という考え方。極端すぎないバランス感覚

この記事の所要時間: 223

全ての人間に平等に与えられている唯一の概念と言って良いのが時間です。

富裕層がお金を遣うことで時間を出来るだけ多く確保するのは、そういった理由からです。

・人を雇って掃除をして貰う
・人を雇って、人の運転で移動する
・タクシーの方が楽だけど時間が読めないので、電車移動する

時間を如何に有効活用するかで人生は大きく変わってくるのですが『お金を遣う事で人を使うのが、時間確保する上で最も有効』という事を常に頭に入れておきましょう。

・どんな時でも今の自分に合った行動を選択する

自由になるお金が少なければ少ない程、時間を浪費してお金を節約してしまうものです。これもまた仕方が無い事だと思います。

時間を大切にするあまり、少ない資源(お金)を浪費してしまうのも禁物。大多数の人にとって大事なのは、無尽蔵にはないお金です。お金が少なければ、目先のお金を大切にしてしまうのも当然。

◆時間を確保したいのは他の事がやりたいから

・他の仕事がしたい
・遊びたい
・出かけたい
・寝たい

こういった様々。

後述しますが、娯楽に費やしたい為に人を使うのは、例え十分な対価を払っていても、嫉妬なども含め、様々な感情から不満に思われたりするので注意。

そういった事が気にならない人ならば問題ないと思います。

◆協力者、仲間に助けて貰う

時間を確保するというのは何も、楽をする為だけではありません。例えばAという作業を人に任せたお陰で、自分はBという作業が出来る為、Cという選択肢が生まれた。

と言った事もあり得ます。

しかし、無い袖はふれないし、借金を繰り返したり、資産を減らし続けていると、遅かれ早かれ必ず破綻します。

こういった場合に助けとなるのは、協力者。
必ずしも時間=お金とは限らず、内容=お金になりますが、どちらにせよ時間を使ってる事に違いはありません。

好意を無にしない為にも、お礼を出来る時は、言葉以外のお礼をする事が大事です。

・自分が得をする為に人を遣わない

自分の為に他人を使った方が得であるという事を理解した上で、それを実践し続ける人は、他人に好かれない場合が多いと思いますが、お金も貯まるし、色々な物事がうまくいくと思います。

自分が得をする為の対価を十分に払っていれば別ですが、人はお金を貰っていようが、貰っていまいが、楽をしている人に対して不満に思うものです。

そういった物全て気にしないで行動するというのも良いかも知れませんが、そういう行動を選択すると、さして成功もしないけど圧倒的に人に嫌われるなんていう人間になってしまい兼ねないので、人を利用して自分だけが得をするという考えは選択しない方が賢明だと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。