学んでから行動するのではなく、行動しながら学ぶ方が効果的。

この記事の所要時間: 139

IMG_9215 2

結局、大事なのは行動する勇気。

迷う事は悪くないし、考える事は大事です。

ですが、迷って行動出来ないくらいなら、迷う事をやめた方がマシだと思ってます。

そして、もし迷ってしまった場合は、自分の直感を信じて、そして自分の旬が過ぎてしまう前にすぐ行動する事を心がけています。

それが金銭的損失のない事とかならばなおさら。


自分の事を面倒くさがりで飽きっぽいと思ってるので、すぐに行動しないと面倒くさくなったり飽きてしまう為、読みたい本、観たい映画、行きたい場所、やりたい事。全て、まずはやってみる事にしています。

飽きてしまったなら読まなくてもいいじゃん、観なくてもいいじゃん、と言われたら確かにそうかも知れませんが、一度興味を持った事に対して、機会損失してしまうのは勿体ないし、好奇心が弱まる前に行動した方が、より積極的になれる為、好奇心に逆らわないという意味でも、例えば本ならば読みたいと思ったものはすぐ買うし、映画もすぐ観に行ってます。

こうやって趣味の事ばかりを持ち出すと、娯楽の追求話に見えますが、これ、何事に対してもそうで、仕事でも勉学でもなんでもそうです。

紙について気になったら紙の事を徹底的に調べたくなるし、新しくネットショップを作ってみたいみたいなものも、予算が大してかからない事ならば、とりあえず作ってみる事にしてます。

勉強してから行動するより、行動しながら実戦経験を積みながらわからない事を勉強したり、失敗を糧にした方が、圧倒的に効果的だと思ってます。

本当は、ここでお金の事も考えないで突っ走れたら、成功したときに凄いんだろうけど、失敗したら終わるので、そういう無鉄砲な事はやらない事にしています。

「失敗した時の事を考えないで突っ走る」くらいの勢いは大事だと思うけど、本当に無策で突っ走るのはただの馬鹿だと思ってます。

This entry was posted in ライフハック. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。