苦手だと思う人は、相手も同じ事を思ってる

この記事の所要時間: 135

IMG_3784-1

あー、この人はなんか苦手だなー。嫌いだなー。

人間合う合わないがあるので、苦手な人というのは必ず存在します。

でも不思議なもので、苦手だなと思ってる相手は、相手も同じ事を思ってたりします。

中には、相手との距離感の詰め方が嫌いだとか、好意を持たれてるから嫌いとか、一方通行的なケースもあるけど、その場合でも大体が「相手は振り向いてくれない」「距離を縮めてくれない」と思ってる筈です。

その苦手な相手というのが、もし嫌いな存在ではないならば、相手もどう近づけばいいか迷ってるのかも知れないので、無理に気負わず、自然体で居るのが良いと思います。

友達になりたい、知り合いになりたいといった希望を持っている場合

無理して近づいたり、強引に距離を縮めても、何の意味もありません。

もちろん、そうやって強引に行動することで成果が現れる事もあると思いますが、ごくごく一部の例外に過ぎません。

相手の人となりを知れば、自然と親しくなるなり、離れるなりしてくる筈なので、一気に距離を縮めようとしすぎない様に注意です。

相手が嫌いな場合

何でもかんでも簡単に距離をとってしまうのも問題だとは思いますが、自分の人生に支障がでるだとか、精神的に疲弊してしまうとかだったら、切り捨てる、もしくは自分が逃げるという選択肢を選んでもいいし、選ぶべきだと思います。

逃げるのは悪い事ではないし、「絶対に逃げたら駄目」とか言う人こそが要らない人です。

心が強い人、そして無神経な人の「もっと強くなれ」は自分との比較でしか語れない無責任な人にすぎません。

自分の思った通りに行動しましょう。

成功したら自分のお陰。失敗しても自分のせい。

そう思ってた方が人生気楽です。

 

 

This entry was posted in ライフハック. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。