m3k.biz

敵は必ず存在するものなので諦める

この記事の所要時間: 232

image
敵は必ず存在します。ある日突然、敵になってしまうなんてのも。人の考えは千差万別なので、自分が気に入らないからと相手を攻撃したりするのはお門違い。受け入れられないならば接しないのが一番。

同じ諦めるならば、やりたい事や自分の考えを諦めるのではなく、敵という存在が居るという事実を受け入れて諦めるのが良いです。そもそも自己主張はすればするほど反感買ったり、敵が増えたりするものです。

どんなに平和的な主張だったとしても、受け取り方次第で悪意にも受け取れるし。全員がこちらに都合良い解釈だけをするなんて訳もなく。

勧める、断る、否定する、肯定する、自分の信じた道を進む。

全て自己主張です。

何を選んだところで分母が多ければ多い程、反論意見をしてくる人は出てくるし、露骨に敵意をむき出しにする人も出てきます。でも、反感を恐れてたら何も出来ないし、無駄な気づかいをし続けなければならなくなるので、ある程度は割り切り、切り捨てが必要になります。

全員に好かれるなんて無理。

「否定」や「拒否」みたいなわかりやすいものと違って「自分の信じた道を進む」の様なふんわりしてるけどでも簡単には曲げたくない様な事を実践してる上で、敵を作ってしまったり、人が離れてしまったりといった事もありえる事なので、そこで自信を失ったりしないで、自分を信じる事が大事です。

そういうのも含めた上での「自分の信じた道」

仮にそこで間違ってたと思ったとしたら、軌道修正すれば良いし、一度始めたから、一度そう決めたからと、意地になる必要もないので、間違ってたら素直に認めて前言撤回してしまえば済む話。

もちろんこんな事を繰り返してたら信用されなくなってくるから、安易には出来ないけど「安易に出来ない」のは何でも一緒だし。ただ、悩んで動けないくらいならば、安易に動いた方がまだマシだと思うけど。

動かないと成功率0%

0個が何億あっても0個のまま。0に何をかけ算しても0。

物事の取捨選択を誤ってしまう事だって沢山あるだろうけど、怖がって選択自体しないなんてのは論外。これも定期的に言ってるけど、後悔は不要。反省は必要。

結局、自分を信じて、自分に自信を持つのが一番。

馬鹿だと皆に思われるようなポジティブな人の方が、失敗してもくじけないから、打数が増えて結果ヒットやホームランが出てくるので、能力が無いとか才能が無いとか思ってる人ほど、どんどん行動すべきだと思ってます。そういう人の方が成功する。

くじけないフリをし続ける、とかでもかまわないです。自分が実際どう思ってるかではなく、第三者から見てどう写ってるかが大事。

なんか言いぐさが、自分の大嫌いな自己啓発本の類いと同質になってきてるけど、でも、自分に自信を持つことって大事だと思います。

妄想をぶつけ合って、意識高いぶってラットレースがどうのこうの言いながら現実を見ないというのとは全然違う。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。