m3k.biz

手帳は薄い奴で充分。ノートを使おう。

この記事の所要時間: 30

手帳&ノート

スケジュールは元々、時間刻みの予定とかは少ないので、マンスリーで充分なので、薄くてメモ欄も殆どない様なマンスリーダイアリーを使ってます。

スケジュール自体はGoogle Calendar(共有化されてる)で管理してるんだけど、どうしても人前でスマホやiPadを操作する事に抵抗があるし、手書きの方が圧倒的に速いので、まず手書きして、後からGoogle Calendarに件名と日付だけ追加してます。

それ以外は全て時系列順にノートに書いてます。電車内とかはロディアNo.11を使ったり、打ち合わせ中はレポートパッドに書いたりする事もあるけど、それらも全て時系列順にノートに貼ってます。

ノートはその時使いたいと思ったノートを使ってるけど、基本的にはA5。何でもかんでも貼るようになってモレスキンからA5ノートに乗り換えました。

A5ノートはアピカのプレミアムCDノートがお気に入りだけど、プレミアムC.D.ノートは少し厚すぎるので、ツバメノートとかの50シートのノートが売ってればそれを使うけど、例えばAmazonとかでもあまり取り扱いが無かったり送料が高かったりセット売りだったりする事が多いので、結局、買いやすく紙質も世界一良いと思ってるプレミアムC.D.ノートを使ってます。人にもすすめてます。

コンビニとかでも買えるキャンパスノートは、罫線が端まで引かれてないので、後述するインデックス塗りつぶしに不便なのであまり使いません。安くて高品質だけどね。

0.38mmみたいな小さい字を書く事が前提とされる極細ペンでもスラスラ書けちゃう程の紙質。

 

ノートのルール

・日付とタイトルは必ず書く
・左ページは使わない(追記、貼り用。リングノートも裏面は使いません)
・左端をインデックスとしてジャンル分けして塗りつぶす。

基本的な所はこれだけ。細かい所では、1ページ目は使わない(場合によっては2〜3ページ目も開きやすくなるので使わない)とか、馴染めなかったらさっさと使うのをやめるとかもあるけど。

ノート
左側をインデックス代わりに塗りつぶして、例えば一番上はメモ、二番目は仕事、みたくわけてます。あとでわかりやすいように黒、赤、青の順番に色分けしてるけど、三色ペンを使わなくなったらやめるかも。

使ってるボールペンはスタイルフィット三色軸油性1.0mmの黒、赤、青の三色を入れてます。ジェットストリーム同等。

ゆっくり書いたりする時はスタイルフィット五色軸の0.38mmゲルインキを使ったりするけど、その時の気分でエナージェル使ったり、万年筆使ったり、シャープペンシル使ったりしてます。

基本的にノートとワンセットで持ち歩いてるのはスタイルフィット。びっしり書かないで速記のように書いてるので、小さい字を書かないならば油性ではジェットストリーム(スタイルフィット)の1.0mmは最強です。

ゲルインキではエナージェル0.7mmか、水性のスタイルフィット0.7mm青(色は青のみ)も、おすすめ。油性の0.5mmはプラチナ万年筆製のボールペンが一番だと思ってます。

ノートに関しては色々なノートを試してて、最近は横罫7mm(A罫)がブームです。基本は5mm方眼。

変にフォーマットが決まってる手帳とかよりも何もないノートの方が自分にあってるという結論。数年後とかまた考え変わってるかも知れないけど、でも手帳とノートのループはこれで二度目だから、もうノートを使い続けると思います。多分。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。