m3k.biz

iPad&iPad miniは元々海外SIMフリー。SIMフリーiPadは不要

この記事の所要時間: 331

photo

 セルラー版iPadはiPad1の頃から海外SIMフリーで、海外SIMが普通に使えますが、ソフトバンクモバイルはiPad mini発売の頃から、海外SIMフリーである事は公言しなくなり、サポートに問い合わせても「SIMロックがかかっているので海外でも使用不可」と言う様になりました。

 つまり、現状でも普通にセルラー版iPadは海外のSIMが普通に入って使えるけど、公式には認めてないからサポートもしないし、対応もしないって事なのかな。

 iPadはWi-Fi版で十分、という人もいると思いますが、ここでは除外。念のため簡単に説明すると、iPhoneからテザリングさせてWi-Fi版iPadを使えば、iPadは当然ながら通信費とかかからないので無料です。

 Wi-Fi版iPadは単体で通信とか出来ないし、普通にアップルストアとかで買ってれば、月額費用とかもなく本体代のみ。

日本国内でSIMフリーiPadは不要

 そもそも何に使うの? という話です。海外で使う事を想定してるならば、セルラー版iPadは海外ではSIMフリー端末として使えるので、無理にSIMフリー版iPadを買わなくても問題なし。

 DoCoMo SIMでiPadを使いたいとかかも知れませんが、無理にDoCoMo縛りで考えるよりは、どうせ複数回線持つんだから、異なるキャリアで2個持った方が圧倒的に便利です。例えば、iPadはソフトバンクモバイルでiPhoneはDoCoMoなど。

 まあ、それも生活圏の全てが都心とかだったら、地下鉄も含めてあんまり関係なくなってきてるけど。

 いまやiPhoneテザリングも出来る様になってる訳だし、DoCoMo回線が使いたいとかならばiPhoneからテザリングするのがベスト

 テザリングがすぐ途切れるというのであれば、Bluetoothテザリングさせましょう。セルラー版iPadからiPhoneへのBluetoothテザリングは出来ないけど、iPhoneからiPadへのBluetoothテザリングは普通に出来ます。

 

photo

モバイルWi-Fiを持つ事で通信費を節約

 後述しますが、海外で使う事を考えて、GP02の様な中古が安価で買えるイーモバイル製モバイルWi-Fiルーターを買うのも良いと思います。iPhoneはモバイルデータ通信オフのままで、海外でSIMを買ったらGP02で運用。私は現地での通話用にてきとーな携帯を一本買って、その携帯でプリペイドチャージもしてましたが、SMSはGP02自身にアクセスする事でチェック可能です。

 iPhoneをモバイルデータ通信オフで運用して、パケット定額を下限もしくは解除して、通信はWi-Fi経由で行う様にした方が便利だし、バッテリーも長持ちします。

 私の場合は、最近までiPhoneはモバイルデータ通信オフで、イーモバイルGP02を通信端末として運用して、更にiPad miniは普通にセルラー版で使ってました。これはiPad miniをモバイルWi-Fiかわりに使えるかどうかの実験がしたかったからというのもあるんだけど、結果はすぐ接続解除されてしまう為、不向きでした。

 今は通信をiPhoneに一本化してます。自分の使い方だと、一ヶ月で7GB超える事はなさそうだし、動画のアップロードみたいな作業は外でやらなければ良いという結論。

 何らかの事情で一ヶ月の容量制限である7GB超えたとしても、追加料金払えば速度制限解除出来るし。

 まだ現時点ではイーモバイルも持ち続けてるけど、今後どうするかは未定。YouTubeへ映像とかアップロードをした場合、数日は速度制限対象になるけど、そもそも外ではそんな頻繁にはやらない作業だし。

 

・関連過去エントリー
→イーモバイルのPocket Wi-Fi GP02はSIMフリーで中古も安いのでオススメ! 内蔵バッテリーも安価。

→スマホのバッテリーが持たないのが嫌な人には、モバイルルーターがおすすめ。

→結論。セルラー版iPadのテザリングはモバイルWi-Fiルーターの代用にはならない。

 

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。