Kindle Fire HDXはBluetoothマウスが使えます(HDは不可)

この記事の所要時間: 322

 過去のKindle FireラインナップはBluetoothマウスもUSBマウスもダメでしたが、Kindle Fire HDXからBluetooth 3.0対応マウスが使える様になりました。

 マウスについてはNexus 7を始めとしたAndroid端末で使う時も同じですが、進む、戻るキー、クリックホイール付きのマウスがベストです。WEBブラウズ時にクリックホイールで上下スクロール、進む戻るもマウスでワンタッチ、の方が圧倒的に便利です。あとは、立てかけるスタンドも必須。

 ちなみにUSBキーボード、USBマウス、USBメモリ等は、今回も使えません。

◆Kindle FireのBluetoothキーボードショートカット
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201304080 より引用

 

テキストの編集 

コピー Ctrl + C
貼り付け Ctrl + V
切り取り Ctrl+X
全て選択 Ctrl + A
行の削除 Alt + Delete
行の先頭または最後尾にカーソルを移動 Ctrl + 左向きの矢印、Ctrl + 右向きの矢印
ページの先頭または最後尾にカーソルを移動 Ctrl + 上向きの矢印、Ctrl + 下向きの矢印
前の文字を削除 Shift + Backspace
テキストのハイライト Shift + 左向きの矢印、Shift + 右向きの矢印

一般的なショートカット 

アイテムを選択する、または開く Enter
次のアイテムを選択 Tab
アクションメニューまたはアイテムを開く Enterキーを長押し
クイック設定のメニューを開く、または閉じる Ctrl+T
最近開いたアプリを表示 Alt + Tab
ページを下方向に移動 スペース、 Alt + 下向きの矢印
ページを上方向に移動 スペース、 Alt + 上向きの矢印

 Kindle Fire HDXは前面カメラとマイクが追加されたのでスカイプなどでも利用出来る様になり、303gとより軽量になってるので、一世代前のKindle Fire HDみたいな重量感はないと思います。

 Kindle Fire HDX 8.9でも374gなので、大きめなサイズがほしい人には、そちらもおすすめ。

Kindle Fire HD 1280 x 800 (216ppi)
Kindle Fire HDX 1920 x 1200 (323ppi)
Kindle Fire HDX 8.9 2560 x 1600 (339ppi)

 と、解像度もアップしてるので、写真や動画を見るための端末としてもオススメです。

 スピーカー性能は相変わらずなので、Nexus 7やiPad miniと比べて桁違いの音質です。特に、音量が大きいステレオスピーカーというのが大きなメリット。ここまで大きな音が出るステレオの7インチタブレットって他ないんじゃないかな。 

 なにより円安の影響で、Nexus 7新型やiPad mini等が値上げしたので、低価格帯のKindle Fire HDXはとてもおすすめ。

 Bluetoothマウスが使える様になって、HDMI端子がなくなった以外は、基本的には大差ないのでKindle Fire自体に関しては過去エントリーを参照して下さい。

→無改造でKindle FireにAndroidアプリをインストールする方法(root化不要)

→Kindle Fire HDはこんな人におすすめ。なかなか気に入ってます。

→Android端末、Kindle FIre、iPhone、iPadでネットワークHDD上の自炊データを読む方法。

→無改造でもKindle Fire単体で簡単にFlash Playerをインストール出来ます。

→無改造のままKindle FireでSONY Readerアプリを利用する方法(root化不要)

This entry was posted in IT, Kindle Fire HD / HDX, ガジェット, レビュー, 周辺機器、アクセサリー類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。