m3k.biz

ジェットストリームの0.5mmを買って試してみた。

この記事の所要時間: 35

photo

 結論から言うと、0.5mmで愛用してるプラチナ製の油性ボールペンと大差なかったです。インクがどばどば出る感じはむしろプラチナ製の油性ボールペンの方が上かも。同じ0.5mmの比較ならば、だけど。

 愛用してるプラチナ製油性ボールペンは、セブンイレブン限定販売で280円くらいだけど、ジェットストリームはコンビニで150円くらいで売られていて、私は近所のスーパーで105円で買いました。100円ショップでも売られてるのかな?

 デザインとか特にこだわりがなく、安い油性ボールペンが良いという人にはジェットストリームの0.7mmか1mmがオススメです。書きやすい

 油性ボールペンじゃなくていいならば、ぺんてるのエナージェルが最強だと思ってます。0.7mmが書きやすいけど、ちょっと太すぎるので0.5mmがおすすめ。

 ジェットストリームはファンが多いけど、個人的にはプラチナ万年筆製の油性ボールペンやPILOTの油性ボールペンの方が書きやすいと思ってて、ゲルインキとかでも良いならば前述の通り、エナージェルが世界一書きやすいボールペンだと思っています。

 その為、ジェットストリームを買っても居場所はないと思ってたんだけど、実際に使ってみたら全然違うのかも知れないと思い、先日書き比べてみました。それが下記過去エントリーです。

→ジェットストリーム派が多いので0.7mm、1mmを買って書き比べてみた。

 で、この時は、0.5mmを買わなかったんだけど(0.5mmならば既に好きなボールペンが他に複数あるので買っても居場所がない為)、やはり実際に書いてみたら違うかも知れないと思い、気になったので0.5mmのジェットストリームも買って試してみました。

 近所のスーパーで105円で売られてたからというのもあるけど。

 

photo 

 字が汚いのは気にしてないけど、筆圧が弱くて薄い為、シャープペンシルや油性ボールペンだと、こうやって比較で買いてもわかりづらいという難点が……

 ゲルインキは極細、太めは油性ボールペンという使い分けをしてた為、太芯の油性ボールペンが一番書きやすいと思ってましたが、近年は太芯のゲルインキや水性ボールペンも使うようになってて、そちらの方が筆圧一切書けずにぬるぬる書けるので、最近は0.7mmくらいのゲルインキボールペンが書きやすいと思ってます。 

 このへんの感覚は、その時その時でかわっていったり、製品や使うシチュエーションによってもかわってくるので、考えが変わる度に追記したり、新しく書いたりしてますが、持ち歩くペンを一本だけにしたい場合は、油性ボールペンがベストだと思ってます。

 そういう意味で、ジェットストリームは安いし書きやすいし良いかも知れません。

 個人的にこういう安いボールペンは、打ち合わせとか人前で使うものではないと思ってるので、持ち歩いたりはしませんが。エナージェルとかも。打ち合わせとか出先とかで使うのはPARKERと決めてます。長期海外出張時でもいつでも同じものが買えるし、替芯も自分が知る海外ではどこでも売ってたし。



 油性ボールペンについて、エナージェルについて、セブンイレブン限定油性ボールペンについては下記、関連エントリーを参照して下さい。

・関連エントリー
→ジェットストリーム派が多いので0.7mm、1mmを買って書き比べてみた。

→書きやすいボールペンは油性ボールペンです(断言)ただし太さによる。

→ぺんてるのエナージェルは、左利きでも手が汚れない速乾性ゲルインクボールペン。

→セブンイレブン限定品の280円で買える油性ボールペンが素晴らしすぎる。ゲルインキ派にもオススメしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。