m3k.biz

位置情報(EXIF)除去する無料iPhoneアプリ『+日付ー位置』

この記事の所要時間: 143

photo

 普段使ってるPicShopという画像編集ソフトで保存すると位置情報は除去されるので、主に他のデバイスに送る時などに使ってます。Kindle Fire HDやWindows8タブレットに転送させる為に、ドロップボックスに置く、とか。
(念のため記載すると、Windows8タブレットに限らず、Windowsの場合はiCloud Control Panel for Windowsをインストールして、iCloud設定しておけば、カメラロールに変更を保存するだけで、自動でiPhoneからWindows8タブレットの方にも転送されます)

 このアプリはフォトストリームを参照できませんが、カメラロールだけではなく、アルバムも参照できます。

 有料のアプリならば、フォトストリームを参照できるものもあるだろうけど、使用頻度もそれほど高くなく、フォトストリームを参照して除去するよりも、その場で撮って除去してそのまま送信という様な事の方が多いので、このアプリで満足してます。むしろ手順が少なくて便利。

 ちなみに、カメラの位置情報をOFFにするには

 設定→プライバシー→位置情報サービスをオフ

です。

 私はあちこちでiPhoneでも写真を撮っておいて、あとでどこに行ったかを地図上で観たりするのが好きなのでオンのままにしてますが、このブログ用に使ってるFlickrや各種SNSへの転送などの時は、自動で位置情報が除去されるような環境でのみ使うようにしてます。例えばFlickrへ転送するアプリを使う時、位置情報を追加しない設定にしたり。

 SNSはほとんどインスタグラムからの転送。

 

・関連エントリー
写真編集アプリPicShopが簡単操作かつ高性能です。iOS、Android版両方あり。
Dropboxのカメラアップロード機能を使って自動でPCに写真転送させる。
iOSアプリ五選。Blog用写真は、撮影、加工、アップロード全てiPhoneだけでやっています。

 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。