m3k.biz

枚数が多いノートの方が自由に使えます。厚い糸綴じノートを自由に使う。

この記事の所要時間: 240

photo
マークス社の1日1ページ式手帳「ED!T」
紙も薄く枚数多いので一応。私は手帳としてではなくノート的に使ってます。

 メモ帳だとそうでもないけど、ノートだと分厚い方が逆に使うのに躊躇しない気がします。人によるのかな。後述するLIFEのノーブルノートは100枚。裏面も使うなら200ページです。落書き帳感覚で使うとしてもページ数が多いから気楽!

 書き損じはそのまま放置して、次々と新しいページに書いていく方法がおすすめ。

 私は基本的にリングノート派ですが、糸綴じ式のノートは見開きで使えたり、リング式よりコンパクトで持ち運びしやすい、より収納しやすいという利点もあります。

 A4サイズの分厚いノートとかだと存在感も増すので、B5くらいがおすすめだけど、それでも大きいと感じる場合はA5かB6くらいがおすすめです。特にA5は手頃な価格帯も多いし。

 A6だと文庫サイズで価格も手頃な事が多く、使い勝手も良いのですが、自由に書くという観点では多少大きめな方が良いので、そういう意味でもA6より大きいA5かB6がおすすめ。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。