m3k.biz

iPad用無料手書きアプリ『Paper by FiftyThree』の検索性が素晴らしい。ノート感覚でぱらぱら素早くめくれます。

この記事の所要時間: 342

photo

※最初に大事な事を書くとスタイラスペン(タッチペン)はちゃんとしたものを使いましょう。それでも感度が悪い人は、厚めの保護フィルムを貼ってる可能性があります。普段の操作にも支障が出てるはずなので、剥がすか、薄い保護フィルムに買い換える事で改善されます。絶対ではありませんが、凄く安い保護フィルムは大体薄いです。

 Paper by FiftyThreeが軽快操作で素晴らしいです。

 ノートをぱらぱらとめくる感覚で素早く検索出来るこの操作感は、まさにメモ帳感覚。操作も簡単で起動も速いのでおすすめです。ノートやページの追加や削除も簡単にすぐ行えます。手軽で軽快!

Paper by FiftyThreeとNote Anytimeはどちらも便利。用途が違う。

 いままで手書きアプリは主にNote Anytimeを使ってました。アプリ自体は無料で、追加アドオンなしでも十分使える多機能アプリで、現在はAndroid版も公開されています。主な用途は書類データを入れておいて、打ち合わせなどで見せたり、赤色の丸でかこったり、手書きで追加したりといった用途。

 Note Anytimeは手書き文字をテキスト化するアドオンなどもある為、即時性というよりはじっくりとデータ作成するのに向いてるアプリで、多機能だしUIも優れてるので直感操作は出来ますが、手軽に検索出来るとは言いがたい為、メモ帳感覚で使えるものはないのかと探していたところ、このPaper by FiftyThreeを見つけました。

 こういった手書きノートアプリはデータの保存性と検索性がメリットです。紙には紙の良さがあり、デジタルにはデジタルの良さがあるので、その双方がうまい具合にミックスされているのが、このPaper by FiftyThreeやNote Anytimeだと思います。

 

photo

大事なのはスタイラスペン

 タブレットの書き心地は、新しい製品での比較だと殆どがスタイラスペン(タッチペン)の性能に大きく左右されます。

 100円ショップのスタイラスペンでも良い物が沢山ありますが、ちゃんとしたスタイラスペンはもっと良いです。使ってみるとわかりますが、筆圧感度が全然違うので、文字や雑な図を書く程度の用途だったとしてもスタイラスペンはちゃんとしたものを買いましょう

photo

 起動するとノートが数冊表示されるので、タッチするとこうやって開きます。ページの追加や削除も自由自在。

 将来、iPad版以外が出た場合の事を考えてあまり具体的に製品名を固定しない様に書いてますが、iPad miniの様に7インチクラスのタブレットよりも、10インチクラスの大きめなタブレットで使った方が便利だと思います。

 ですが、

photo

  ピンチアウト操作で虫眼鏡になるので、好きな大きさに拡大して書くことも可能です。これは文章で読むと面倒くさそうに感じるけど、さっと手軽に使う時にさっと拡大してさっと書くみたいなのは、簡単に出来ます。手軽で軽快な操作性。

 虫眼鏡解除はピンチアウト。

 ちなみに書いてるノートから他のノートに移りたい時も、ピンチイン操作でノート選択画面(メニュー画面)に戻ります。

 ペンは追加アドオンで増やせます。

 

photo

 この画面で+アイコンをタッチするとノートが増え、ゴミ箱アイコンをタッチするとそのノートが削除されます。

 ノート上のiアイコンをタッチする事でデザインの変更も可能。

 共有アイコンでTumblr、Facebook、Twitter、カメラロールに画像化して転送も可能でメール送信もここからダイレクトに出来ます。

 アイコンも少なくピンポイントで機能が絞られてるからこそ、さっと使いたい時に最適だと感じました。Note Anytimeとは用途が異なるから共存可能と感じたのはこの辺り。

 

・Paper by FiftyThree 無料
https://itunes.apple.com/jp/app/paper-by-fiftythree/id506003812?mt=8
追加アドオンでペン先などを購入出来ます。

・関連エントリー
iOSとWin8の無料の手書きノートアプリNote Anytimeは素晴らしい!
タブレット端末でスタイラスペンを使うと便利!試して評価一変しました。

 


iPad 保護フィルム一覧

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。