1mobileマーケットLiteをNexus7にインストールしてうまくダウンロード出来ない時の解決方法。

この記事の所要時間: 314

photo

 簡単な話でした。一番手っ取り早いのは直接ダウンロードする事だけど、私がやった手順は下記の通り。
・GooglePlayで1mobileマーケットLiteをダウンロードします。
https://play.google.com/store/apps/details?id=me.onemobile.lite.android&hl=ja

 次に、1mobileマーケットLiteを起動して、そこから1mobileマーケットをダウンロードするだけです。最初から1mobileマーケットを直接ダウンロードしてれば、それだけで済んだのかも。下記URL。

・念のため書くとGooglePlay非対応端末の場合も、こちらからダウンロード。
http://www.1mobile.com/app/market/?cid=9

 私は、この方法で解決しました。

1mobileマーケットについて。

 詳しくは下記関連エントリーを参照して下さい。私は、Kindle Fire HDをRoot化するといった改造なしで、簡単にAndroidアプリを使う為に主に利用してます。

 余談ですが、最近はAmazon Android アプリストアアプリをNexus7にもインストールしておいて、Kindle Fire HDで購入したアプリをNexus 7などで利用する為に使ってます。その為、どちらでも売ってるアプリは積極的にAmazon Android アプリストアで買う様になりました。

 端末に関しては19,800円と多少高いだけあって、Nexus 7の方があらゆる意味で便利だと思うけど、なぜかKindle Fire HDの方が気に入ってる不思議。なにより安い。

 ゲーム目的とかじゃないならば、十点タッチではなく二点タッチ液晶でマイクロHDMI端子もない無印のKindle Fire 8GBで十分だと思います。むしろ今の知識を最初から持ってたとしたら、迷わず8GBを買ってたと思います。重量はかわらないけど、コンパクトだし電源ボタンは8GBの方が押しやすいです。

 実は今でも欲しかったりします。Kindle Fire 8GB。Nexus 7ですら使い道がなくて色々と模索中なのに、これ以上7インチタブレットを買っても本当に使い道ないと思うけど。

 ホーム画面とか替えたりとか外観を替えて遊んだりしてみたものの、koboアプリのiPhone版が出た今、ますますNexus7である必然性がなくなってきています。そもそもKindle Fire HDにも1mobileマーケットからkoboアプリをダウンロードして入れてるし。

 という訳で、引き続きNexus 7模索中。ATOK買いました。Kindle Fireとの共有を考えてるならば月額課金制の方が良いと思います。1mobileマーケットで月額課金制のATOKがあった気がします。

 繰り返しますが、Nexus7は素晴らしい端末です。間違いない。とくにAndroid端末を別途持っているならば、選択の余地はないと思うし、なにより軽量なのが良い。Kindle Fireは重いです。iPadやKindle Fireでは使えないBluetoothマウスが使えるという点も良いところ。

 Kindle Fire HDに関してはまた改めて、まとめよう。何度目だろ。

 

・関連エントリー
→無改造でKindle FireにAndroidアプリをインストールする方法(root化不要)
→Nexus 7にBluetoothキーボード&マウスを接続して使ってみる。
→Kindle Fire HDはこんな人におすすめ。なかなか気に入ってます。
→マイクロHDMIでKindle Fire HDをテレビに接続してみた。
→タブレット端末でスタイラスペンを使うと便利!試して評価一変しました。

This entry was posted in Android, Androidアプリ, IT, Nexus 7, ガジェット, ソフトウェア全般, レビュー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。