無改造でもKindle Fire単体で簡単にFlash Playerをインストール出来ます。

この記事の所要時間: 216

2013-04-14 02.18.17

 詳しくは後述しますが、先に手順を説明すると、自力でAndroid 4.0用Flash Playerをダウンロードして、拡張子を替えてインストールするだけです。あとはFlash対応のBrowserを利用するだけです。簡単!

 方法はいくつかありますが、私はこの方法が一番簡単かつ安全だと思っています。

 過去エントリーでも解説しましたが、まずはESファイルエクスプローラーと野良アプリマーケットの1MOBILEマーケットをインストールします。ESファイルエクスプローラーは普通にAmazon Android アプリストアでダウンロード出来ます。

 1MOBILEマーケットに関しては、ダウンロードしてインストールするだけですが、注意点も含めた詳細は、下記過去エントリーを参照して下さい。

→無改造でKindle FireにAndroidアプリをインストールする方法(root化不要)

 次に、AdobeのサイトからAndroid4.0向けのFlash Playerをダウンロードします。沢山ありますが、下の方にAndroid4.0用のダウンロードファイル一覧があるので、そこから一番上の最新版をダウンロードします。

・Android 4.0 用の Flash Player バージョン
http://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/228683.html#main_Android_Flash_Player______

 ダウンロードが終わったら、ESファイルエクスプローラーを起動してdownloadフォルダを開くと中にダウンロードしたzip形式のファイルがあるので、その拡張子を.zipから.pkgに替えます。ファイルを長押しすると項目が出てくるので、そこで名前の変更が出来ます。

 拡張子を替えるとアイコンが代わりKindle Fireにインストール出来る様になるので、あとはタッチしてインストールするだけです。

 これで、Flashのインストールは完了ですが、肝心のブラウザがFlash非対応なので、Flashに対応してるBrowserをインストールしましょう。ここではDolphin Browserをインストールします。

・Dolphin Browser
http://1mobile.com/dolphin-browser-79865.html

 物理的な改造は不要ですが、サードパーティ製アプリケーションのインストール許可を自身で行わなくてはインストール出来ません。そしてサードパーティ製アプリケーションは当然の事ながらAmazon管轄外の取り扱いとなる為、全ては自己責任でお願いします。

This entry was posted in Amazon, Android, IT, Kindle / Fireタブレット, ガジェット, レビュー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。