ロルバーンダイアリーを手帳&メモ帳として使うのは凄く便利!

この記事の所要時間: 49

photo

結論から言うと、今のところ一番しっくりきています。私が使ってるのは、ロルバーンではなく、ロルバーンダイアリーという月間と行事予定表が先頭に付いてるノートです。サイズはスリムサイズ。

 元々はモレスキンの方眼を使っていて、スケジュールに関しては自作のリフィルを貼って使っていましたが、海外長期出張で滞在延長した際に、継続できなくなってしまった為、帰国以降、どういう手帳が使いやすいのか長いこと試し続けていましたが、どれも馴染めず、行き着いた先がロルバーンダイアリーのスリムをメモ帳としても手帳としても使い、どんどん消費していくという方法です。

 詳しくは後述しますが、元々、時間で区切るほど予定が沢山ある訳ではなく、プロジェクト単位で長期計画で把握しなくてはならないことの方が多い為、自分のスケジュール用のマンスリーと、プロジェクト用のJahresplan(行事予定表)がついてるのロルバーンダイアリーが自分にとってベストでした。必要に応じてクリアポケット(ロルバーンには透明のポケットが何枚かついてくる)に書いたメモ等を入れてあります。

道具は手軽に使うという事が大事。

 今にして思えば、このロルバーンダイアリーと同じ様に、モレスキンの先頭ページに一年分のリフィルを貼っておいて使うだけでも良かったのですが、この方法を試した昨年はどうもしっくりこなかったのです。

 ロルバーンダイアリーは同じように先頭に最低限のスケジュール用カレンダーがあり、あとはメモ帳と透明のポケット数枚という普通のロルバーンと同じ内容。

 モレスキンで同じような構成で試して駄目だったのに、なんでロルバーンダイアリーで定着したかというと、やはり手軽だからの一点に尽きます。

 ロルバーンダイアリーはリングノートなので、裏に返して使う事でコンパクトになるし、立ったまま書くのにも適しています。

 一方、モレスキンは糸とじノートなので、立ったまま片手で持って書くと、どうしてもかさばってしまいます。カバーが厚く、下敷き代わりとなるため、立ったまま書く事ももちろん可能ですが、リングノート程書きやすくはありません。

 メモ帳として小型のリングノートも持ち歩いてるので、さっと取り出して書く時はメモ帳を使っていましたが、ロルバーンダイアリーを手帳として使う様になってからは、ロルバーンダイアリーにメモを書く事も増えました。

手帳を使うのは、情報を逃さない為。

 スケジュール、大事な事、アイディア。なんでも良いですが、そういった事を忘れない為に手帳を使います。

 手帳だと身構えるけどメモ帳だと気楽という不思議な感覚を自分自身味わってきてるので、手軽に気楽に使うにはやはりノート、メモ帳が最適です。そういうのも含めても、ロルバーンダイアリーはダイアリー機能を備えたメモ帳なので、最適だと思います。

 ちなみにモレスキンの方眼は、日本で普通に買うと1,890円なので、気楽に使うにはちょっと値段が高い気がしますが、モレスキンはあくまでノートなので、今までずっと気楽に、気軽につかえてました。値段よりも気軽さ、気楽さが大事。

 個人的にはいつでもどこでも買えるというのは大きくて、モレスキンもそうですが、筆記具だと例えばPARKER。インクカートリッジもボールペンの替芯。どちらも海外でもどこでも買えるので、いつでも手に入る安心感という意味でも気に入ってます。もちろん海外に行く時は、替芯やカートリッジくらいはちゃんと持っていきますが。

リングノートは手軽。

 例えば、すごく便利だと思ってるノートがあったとしても、打ち合わせとかで出すのが恥ずかしいというノート等がもしあるならば、打ち合わせ時専用に、自分が恥ずかしくないと思えるものを用意しておくと良いと思います。

 例えば、普段はロルバーンダイアリーを使っていて、打ち合わせでは手帳を使う、など。

 使うものはなんでも良いですが、最終的には全ての情報を一冊に集約させる事をおすすめします。私はロルバーンダイアリーやメモ帳でとっておきたい事は、切り取って他のノートに貼り付けています。このノートは持ち歩かなくても良いノート。

 持ち歩きたい情報だけどいつまでも残しておくと邪魔という時は、ロルバーンダイアリーは透明のポケットが後ろに何枚かついてるので、そこに入れておくとよいと思います。

 メモ帳を兼ねているならば尚更ですが、要らなくなった情報はどんどん切って捨ててしまいましょう。

 こういう使い方をするとロルバーンダイアリーの消費が激しくなっていきますが、ケチケチせずどんどん消費していき、なくなったらどんどん買い直していきましょう。その際、スケジュールや年間予定の引き継ぎだけ注意。

 ノート類は特にそうですが、使い終えると達成感がある為、その達成感を味わうために、どんどん消費していくというのも悪くないと思います。大事なのは何でも書くことと、その情報を忘れない事です。

 

This entry was posted in ライフハック, レビュー, 手帳、ノート、メモ, 文具. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。